バーネット法は1・3・2・6と賭け金を設定し連勝を目指す戦略

  • 2022年1月10日
  • 2022年5月26日
  • 攻略法
  • 2PV

バーネット法とは?

バーネット法とは、あるゲームで続けて勝っている時に「1、3、2、6」という順序で掛け金を増やしていく方法です。配当が2倍で、勝率が50%のゲームに対して有効です。
大勝ちする方法ではありませんが、手元に利益を残しつつ、手堅く勝ちに行きたい時のための方法です。
「1、3、2、6」の順で賭けていくのが基本となりますが、その後連勝した場合は「6」を続けていき、負けたらまた「1」から始めることになります。
非常に覚えやすいので、多くの人が実践している方法です。さらに、利益を上乗せしたいという場合はそれぞれの数字を倍掛けして「2、6、4、12」というふうにアレンジすることも可能です。

バーネット法のメリット・デメリット

バーネット法のメリット・デメリットを、それぞれ解説していきます。どちらもしっかり理解して、自分に合っているかどうか確かめてください。

バーネット法のメリットの一つ目は、「仕組みが単純なので、初心者でも使える」

上述したように、バーネット法は連勝している時に「1、3、2、6」と賭けていくだけの方法です。ルールに則って賭けていけばいいので、初心者でも使いやすいと言えます。

バーネット法のメリットの二つ目は、「勝率が50%でも利益を出せる」。

勝率が50%でも利益が出る仕組みになっているため、無理に勝ちを狙いに行かなくてもよいわけです。守りに重点を置いた方法なので、大きく損をすることがないという点でも使いやすい方法と言えるでしょう。

バーネット法のメリットの三つ目は、「連勝するほど収支をプラスにしやすい」。

バーネット法は少しずつ利益を積み上げていく方法なので、一気に大儲けはできませんが、連敗した時の損失を可能な限り少なくすることが可能です。
続けて勝つほど収支がプラスになりやすくなるので、連勝している時にはぜひとも試す価値のある方法と言えます。
また、バーネット法は続けて勝っている時に効果的という特性があるため、使う時は基本的に手持ち資金がそれなりにある状態なので、余裕を持って使えるというのもポイントです。

バーネット法のメリットの四つ目は、「続けて負けても損失を抑えやすい」

1回負けたとしても最大で6ドルしか損失が出ないので、損失を可能な限り抑えられますし、勝ちが続けば利益を膨らませることができます。
リスクの低い方法と言えます。
では、続けてデメリットを見ていきましょう。

バーネット法のデメリットの一つ目は、「交互に勝ち負けが続くと損失が膨らみやすい」

バーネット法は、交互に勝ち負けが続くゲームだと効果が出にくいのです。仕組み上、最低でも3回続けて勝たないと意味がありません。

バーネット法のデメリットの二つ目は、「続けて勝てないと利益が出にくい」

バーネット法は手堅い方法ではありますが、それゆえ一気に大儲けすることはできません。損失は膨らみにくいですが、続けて勝たないと利益も膨らみにくいので、一発逆転を狙いたい人には適していないと言えるでしょう。
ちなみに、バーネット法と似ている方法に「グッドマン法」という物があります。両者は非常に似ており、相違点は賭け金の額だけなので、利点も難点も同じとなっています。
グッドマン法の場合、続けて勝っている時に「1、2、3、5」と賭けていくことになります。賭けていく金額が少し違うだけなので、片方をマスターすればどちらも使うことができます。
両者の違いをあえて言えば、バーネット法は続けて勝っている時に利益を膨らませることができますが、グッドマン法は負けた時の損失をより抑えやすいと言えます。

まとめ

このように、バーネット法は賭け金を固定するので、非常に使いやすい方法です。できるだけリスクを抑えてゲームを楽しみたいという人におすすめです。