モンテカルロ法とは、どういう攻略法なのかご紹介します。

  • 2022年1月10日
  • 2022年2月12日
  • 攻略法
  • 3PV

オンラインカジノの攻略法の一つには、モンテカルロ法があります。

そんなモンテカルロ法とは、一体どんな攻略法なのか紹介していきます。そしてモンテカルロ法とはどのような使い方をしていくのも解説します。またメリットやデメリット、モンテカルロ法が適しているゲームや使えないゲームについても併せて紹介していきます。

モンテカルロ法とは一体どんな方法?

モンテカルロ法とは、少しずつ勝ちを狙える攻略法で、数列を作ることで、そこに書かれた数列に沿ってベットをする攻略法です。また由来は1946年に、ポーランド出身のアメリカ人数学者のスタニスラウ・M・ウラムにより生み出されたと言われています。名前はモンテカルロというギャンブルの街にちなんで命名され、歴史的にもとても古い攻略法の一つとされています。

そしてモンテカルロ法は理論上では負けないシステムベットで、カジノを破産させた必勝法とも言われています。

モンテカルロ法とは、どのような使い方をするのかを解説

モンテカルロ法の使い方としては、まず1、2、3という数列を書いたところから始めるのが基本です。

そしてまず賭ける金額は、1、2、3の数列の、両側の数字を足した4を賭けるのがポイントでせ。つまりは4ユニット、ベット額は4ドルとなります。
さらに1回目の勝負で負けてしまったら、ベットしたユニット数を数列の右端に追加します。最初は4ユニットをベットしたため数列は1、2、3、4となり、勝負では左の端と右の端を足した5ユニットがベット額となります。

また3倍配当のゲームでは勝負に勝った場合には、数列の数字を2つずつ消します。このとき2倍配当のゲームをするのであれば、両端の数字を1つずつ消していくのがポイントになります。

そして1回目の勝負のときには数列は1、2、3なので、勝ったときには数列が無くなるのが特徴です。そしてもし仮に連敗が続いたとしてます。さらに数列が1、2、3、4、5、6、7となり、8ユニットで勝負をして勝ったと仮定します。このときには左端の1、2、右端の6、7を消します。

すると3、4、5の数列が残るため、次の勝負で左の端と右の端を足した8ユニットが賭ける額です。そのあとでまた勝負をし、勝ち数列が無くなったり、数字が1つに残った場合ら、モンテカルロ法の1セットが終了したとあう合図となりす。

そして数列の書き方などに間違えがなく、1セットが終わったときには利益が出るというのがこの攻略法の使い方です。

モンテカルロ法のメリットとデメリット

モンテカルロ法にはメリットがあり、最初に設定する数字を低くすることによって、損失も抑えられます。それは数字が低くなることで、1回で賭ける金額も少なくなるというのが理由です。

そして勝った場合のリターンが多く、多少負けたとしても数回勝つことができたら、収支をプラスにできるメリットもあります。また連敗が続いても、取り返すために金額をかなり上げるという必要がないのため、落ち着いたままカジノゲームを楽しめます。

そんな便利に使えると言われるモンテカルロ法にも、デメリットはあります。

それは計算がややこしいところにあります。少し複雑となるためメモが無いと難しいというのが、デメリットです。

また複数勝つことが必要となるため、必然的に長くなってしまうのもデメリットです。1セットは他のマネーシステムより比較的長いです。そのため、1回の勝利で負け金を取り戻せない可能性もあります。またリスクが少ないと言われているのかわモンテカルロ法です。しかし大きく勝つには長い時間プレイする手法になります。さらに長くなると集中力が切れやすくなり、連敗すると焦りも生まれるため手順にミスが出る可能性もありデメリットだと言われています。

モンテカルロ法が適しているゲームとそうでないゲーム

モンテカルロ法には、適しているゲームがあります。

それは、3倍ベットのゲームが最も良いと言われています。挙げられるのはルーレットのカラムベット、ダズンベットです。他は2倍ベットならブラックジャック、バカラ、ルーレットの赤白でも使えますが、相性が良いの高さは3倍ベットのゲームです。

一方運の要素が強すぎたり、勝率の低いゲームとなると、使えないと言われています。ゲームとしてはスロット、ビデオポーカー、スクラッチは使えないと言われています。

まとめ

モンテカルロ法は、古くある攻略法の一つでペンとメモ用紙があれば誰でもできると分かりました。

またモンテカルロ法の使い方は、数列を書くところが始めるのがポイントで、2倍配当とゲームと3倍配当のゲームでは使い方が異なると言えます。そしてメリットは少ない金額で使用できるところが挙げられ、デメリットは複数勝つことが必要になるので必然的に長くなってしまうと分かりました。